ホーム > 治療方法

治療方法

治療方法

神経ブロック療法

神経ブロック療法:神経ブロック注射、トリガーポイント注射など

麻酔薬注射により痛みを伝える神経の興奮を一時的に遮断し、痛みを抑えます。
痛みが緩和されると血流が改善され、筋肉のこわばりも解消するなどの効果があり、腰痛、頭痛をはじめ、多くの症状の治療法として採用されています。

1回で完治するのはむずかしいですが、薬物療法なども併用し、何回か実施すると効果が見込めます。
神経ブロック注射の種類は以下のとおりです。

星状神経節ブロック
首の第6または7頸椎の横にある突起部分(神経節に局所麻酔薬を注射。そこにある星状神経節という交感神経が、頭部から胸部、上肢まで、幅広い範囲を支配する中枢です。そこが一時的にブロックされることで交感神経の働きが抑えられます。
血行がよくなり、痛みが和らぐという効果が期待できます。
また、自律神経系のコントロールについても効果があるといわれています。

適応疾患
片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛、肩こり、閉塞性動脈硬化症、帯状疱疹後神経痛(頭部・顔面・手・胸部)、事故後神経症、頸椎症、顔面神経麻痺、突発性難聴、顎関節症、上肢血行障害、メニエール症候群(めまい)、アレルギー性鼻炎、眼精疲労、不定愁訴など
硬膜外ブロック(腰部、胸部)
神経に直接針を刺すのではなく、背骨の間から、硬膜外腔(脊髄を包んでいる一番外側の硬膜の外側)の空間に低濃度局所麻酔薬などを注入する方法。

胸、背中、腰、足など痛みが発症している神経部分を選んでブロック(麻痺)することが可能で、選んだ患部の神経の興奮が一時的におさまり、痛みが和らぎます。

しかも、患部の血行も改善され、痛みで弱った神経の回復にもつながります。

適応疾患
変形性脊椎症、腰部・胸部の椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、その他の腰痛、肩こり、帯状疱疹後神経痛(頭部・顔面・手・胸部)、ガン性疼痛など
仙骨部硬膜外ブロック(仙骨ブロック)
硬膜外ブロックと同じような方法ですが、仙骨にある穴に針を刺すことで、硬膜外ブロックと同じ効果が得られ、足や腰の痛みに的確な治療ができます。
腰痛があるのに硬膜外ブロックを行うのが難しいケースでも仙骨ブロック注射なら可能です。
神経根ブロック
神経の束である脊髄は、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個から成る脊椎(背骨)の中を通っており、その間から左右に2本ずつ伸びている脊髄神経の根元が神経根です。
そのうちの1本の根元を狙って麻酔薬を注射します。

痛みの感覚を伝える働きがブロックされ、痛みが緩和されます。腰痛治療も可能です。
そのほかの治療法
膝の変形性関節症などに対する関節内注射、顔面麻痺などに対する末梢神経ブロック(三叉神経など)。
神経ブロック注射の注意点
注射は痛いと思われがちですし、実際、まったく痛みがないわけではありません。

しかし、当院ではなるべく痛みを感じなくて済むように、細くて特殊な針を使用するなど、痛みの専門クリニックとして可能な限りの努力をしています。

また、神経ブロック治療は、身体の状況によっては受けられない場合や合併症を併発する可能性があるので、事前によく相談してください。

薬物治療:西洋医学の内服薬、漢方薬

薬物治療:西洋医学の内服薬、漢方薬

「痛み」の治療でもっとも一般的なのは、やはりお薬を服用することでしょう。
鎮痛剤や神経障害性疼痛治療薬、麻酔薬など、さまざまな症状に合わせて、適切な薬物(内服薬)を処方します。
神経ブロック療法の注射ができない患者さまはもちろんのこと、ほかの治療を行う場合でも内服薬の併用は特別なことではありません。

当院では漢方薬を本格的に導入するために、院長が中国の大学(の通信講座)で学ぶなど、漢方薬治療にも力を入れています。
「痛み」の治療においては、むしろ漢方薬のほうに症状改善がみられる種類があるほか、「痛み」以外にも多くの症状に薬効があることが認められています。

各患者さまの体質に合わせ、それぞれの症状に適した漢方薬を探し、処方するのは、西洋医学の薬と同じですが、症状に応じて西洋薬、漢方薬を併用する場合もあります。
漢方についても、どうぞ気軽にご相談ください。

鎮痛薬
痛みの治療薬の使い方はどんどん変わりつつあります。ロキソニンに代表されるNSAIDsは昔から使われていて、今では薬局でも手に入るようになりましたが、多くの方が胃腸障害や腎障害などのために服用できませんできない方もいらっしゃいます。ペインクリニックで扱う痛みの治療薬では、抗けいれん薬の部類から神経障害性の薬が出て広く知られるようになったり、抗うつ薬であったものが神経性の痛みに使われだしたり、癌の治療薬であったオピオイドいわゆる麻薬が慢性の痛みに使われだしたりしています。

◆プレガバリン(リリカ®)
2010年6 月から使われ始めた神経障害性疼痛に対する新薬です。帯状疱疹後神経痛などの神経痛や腰部頸部の脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアによる神経障害などに広く使われています。

デュロキセチン(サインバルタ®)
以前から、三環系抗うつ薬(トリプタノールなど)は、臨床現場では鎮痛補助薬として使われてきました。2010年に発売された抗うつ薬で抗うつ薬の中では初めて2012年に糖尿病に伴う痛みの治療薬として追加承認されました。今年は、線維筋痛症に対しても適応を拡大していく予定です。

オピオイド
がんの痛みに古くから使われてきました。構造の違いから麻薬指定とそうではない薬に分かれます。

トラマドール(トラマール®)
2010年に発売。2013年に癌ではないものによる慢性疼痛にも適応が拡大された内服薬です。各種の慢性痛や線維筋痛症で広く使われています。

トラマドールとアセトアミノフェン(トラムセット®)
2011年発売。トラマールにアセトアミノフェンを足した合剤です。

ブプレノルフィン(ノルスパン®)
2011年発売された7日間貼付薬です。内服ではないため、内服困難な方にも使いやすく、薬の血中濃度が安定して得られるつまり鎮痛効果が強弱しにくいという利点があります。

フェンタニルテープ貼付剤 
麻薬指定になります。処方医は講習を受けることが必要であり、患者も麻薬を使用しているということが理解できる方に限ります。
3日間貼付剤のデュロテップ®は2010年1月から1日間貼付のワンデュロ®2013年12月から1日間貼付のフェントステープ®2014年6月から慢性疼痛でも使えるようになりここ数年でかなり選択肢が広がっています。他の鎮痛薬でもなかなか痛みが取れない場合よい適応になると考えられます。
片頭痛薬
片頭痛は比較的若い女性に多い頭痛で、1年間の有病率が全体で8%、30代女性では20%といわれています。
脈打つような痛みが特徴です。誘因がはっきりしている方はそれを避けたり、市販薬などで鎮痛コントロールしたりしている方が多いと思われます。
2000年以降数種類のトリプタン製剤といわれる片頭痛薬が使われるようになりました。一番古いのがイミグラン®、その後ゾーミック®、レルパックス®、アマージ®、マクサルト®などが使われ始めました。これらは頭痛発作が起きた時飲む薬で、市販の薬で効かない場合こちらを処方します。さらに頭痛の回数が多い場合、予防薬を併用する場合もあります。予防薬は古くはミグシス®などのCa拮抗薬が使われましたが、ここ2,3年で、抗うつ薬トリプタノール®、抗てんかん薬デパケン®、β遮断薬インデラル®など適応薬が増えてきました。
骨粗しょう症治療薬
これまでは、週1回内服などのビスフォスフォネート製剤やSERMといわれるビビアント®やエビスタ®、ビタミンD製剤、カルシウム製剤が主流でした。

ビスフォスフォネート注射
ビスフォスフォネート製剤は起床時に内服するというもので胃腸障害が問題となっていましたが、2013年に月1回の静脈注射製剤であるボンビバ®が発売されました。内服より効果が高く、胃腸系の副作用の軽減が期待されます。

テリパラチド 
新しタイプで骨芽細胞に働きかけ骨の形成を促進する作用があり、より骨塩量の増加が望める薬が新たに2種類発売されました。どちらも注射製剤ですが使い方が異なり、
2011年11月発売されたテリボン®は週1回皮下注射で72回投与、2010年10月発売されたフォルテオ®は1日1回自宅で自己注射をするタイプで18か月間投与するものです。

デノスマブ
破骨細胞に働きかける新しいタイプの薬で、プラリア®2013年11月発売になりました。6か月に1回皮下注射を行う製剤です。

高齢者が増えるとともに、骨粗しょう症やそれに伴う骨折の増加は避けて通れない問題となっています。骨粗しょう症予防に運動や栄養バランスが大事なのは言うまでもありませんが、今後は、特に女性では閉経を過ぎた頃から自分の骨塩量を調べ、必要に応じて骨粗しょう症薬を上手に使うことが、骨折予防のために大切になってくると思います。当院でも骨塩量(骨密度)の検査を行っております。ご気軽にご相談ください。
漢方薬
今や7割の方が病院で漢方を処方されたことがあるといいます。それくらい漢方の効果は認められてきています。特に、体をあたためたるもの、滞った気、血、水をめぐらすもの、気、血を補うものがペインクリニックで使われ、痛みやむくみ・冷え・精神症状などに効果を示します。
各患者さまの体質に合わせ、それぞれの症状に適した漢方薬を探し、処方します。症状に応じて西洋薬、漢方薬を併用する場合もあります。漢方についても、どうぞ気軽にご相談ください。

光線療法

スーパーライザー
スーパーライザーは、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器で、体の深部まで光線が到達できるという特徴があります。
痛みのある部分(関節や腰、肩、頸部など)に光線を照射することで、あてた部分の比較的深部まで作用し、血管の拡張・神経興奮性の抑制により血流改善・鎮痛に効果をもたらすと考えられます。非侵襲的で安全性の高い療法です
また、星状神経節(のどの両脇にある交感神経節)近傍にスーパーライザーを照射することで、自律神経の中の交感神経の緊張を和らげ、主に上半身の血管が開き、血行がよくなります。
キセノン治療器
キセノン光は可視光から近赤外線までの幅広い波長帯を有し、生体深達性が高いとされる波長帯0.8~1.0μmをカバーしています。
痛みのある部分 (肩や腰など)にキセノン光を照射します。
キセノン光線は身体の深部まで達し、深部血管を拡張し血流改善し、鎮痛・筋肉と自律神経のコントロールに作用します。心地よい温熱感が持続します。
また、光線治療と同時に干渉波電流治療も行うことができ、光線と電流の相乗効果が期待できます。
上半身の症状・病気

下半身の症状・病気

痛み以外の病気と症状
アクセス


大きな地図で見る
横浜市港南区丸山台1-13-7
ベルセブン4階

お問い合わせ 詳しくはこちら