ホーム > ドクター紹介

ドクター紹介

ご挨拶

森川朋子

はじめまして。港南ひだまりペインクリニック院長の森川朋子です。

「ペインクリニックってなに?」
一般の方の認知度が低かった〈ペインクリニック〉がここ数年で徐々に知られてきていることは、日々患者さまと接していて実感します。
それだけ、「痛み」を抱えていて、それを治してくれる医者や病院を探している患者さまが多いのでしょう。

実際、私が大きな病院の麻酔・ペインクリニック科の勤務医だったころから、外来には「痛み」を訴える患者さまがあふれんばかりに……。

そんな状況に接するうちに「地域のクリニックで、こういった患者さまを救いたい」という気持ちが満ちて、痛みの専門クリニックを自ら開院し、現在に至っています。

そもそも医学部を卒業後、私が麻酔科に進んだのも、このペインクリニックという医療分野を一生の専門として希望したからです。
当時は、麻酔科の中でも痛みの診療だけを専門とする医師はまだ少なく、地域の医院ばかりか、大病院でも診療科目に〈ペインクリニック〉を掲げるところは数えるほどでした。

しかし、どんな診療科であっても病気やケガに「痛み」はつきもの。それだけ「痛み」に苦しむ患者さまが多いわけで、そんな状況を少しでも改善する手助けをしたい。それが私の初心であり、現在までの、さらにはこれからも、医師としての強いモチベーションなのです。

高齢化が進む一方、現代社会では多くの世代で長時間労働、パソコンなど電子機器の長時間使用、慢性的な運動不足という環境にさらされ、どの年代も痛みとは無縁ではなくなりつつあります。

そこで「痛み」という症状に特化して、きめ細かく総合的に診療するところ=ペインクリニックが必ずお役に立ちます。
「痛み」とひと口にいっても実態は一様ではありません。私どもが患者さま一人ひとりの状況に即して丁寧に対応することで、一日でも早く「痛み」から解放されて、心身ともに癒されるよう努めてまいります。

学歴
1995年東京医科歯科大学医学部医学科卒業
2006年東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了
経歴
1995年~東京医科歯科大学医学部附属病院麻酔科・蘇生科研修医
1996年~大森赤十字病院研修医
1997年~都立広尾病院麻酔科
2000年~東京医科歯科大学医学部附属病院麻酔・蘇生・ペインクリニック科助手
2002年~佐々木研究所付属杏雲堂病院非常勤
2005年~横浜市立みなと赤十字病院非常勤
2007年~日立横浜病院麻酔科主任医長
2010年4月~港南ひだまりペインクリニック院長
所属学会/資格
  • 日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
  • 日本麻酔科学会麻酔認定医
  • 日本ホメオパシー医学会認定医
  • 筋膜性疼痛(MPS)研究会
  • 日本統合医療学会
  • 医学博士
  • 上海中医大学校卒業(2009年)
非常勤医師 大橋望由希医師(女性)
麻酔専門医 大橋医師
  • 東京医科歯科大学卒業 
  • 東京医科歯科大学医学部麻酔・蘇生・ペインクリニック科医局所属
  • 麻酔専門医

木曜日に診察・治療を行っております。

診療ポリシー

診療ポリシー

「痛み」は、我慢しない! そしてあきらめない!
その「痛み」が激しくても軽くても、今日発症してもずっと続いていても、どうぞ一度、ご来院ください。
「痛み」は決して我慢しない。
「痛み」の治療を簡単にあきらめない。
これが当院の考える、痛み撃退基本ルール。
患者さまの身になって、必ず治療法を見つけ、治療し、患者さまが痛みのない生活を送ることを目指します。

「ひだまり」のようなあたたかいクリニックを心がけて
「痛み」を抱える患者さまが集まる医院だからこそ、いつもあたたかい雰囲気の、通いやすいクリニックであるべきだと考えています。
その一例が、ひだまりのようなほっとする光があふれる待合室。
院全体も明るく、スタッフもみんな笑顔で……。
そう、患者さまが「痛み」を忘れてしまうくらい快適な場所を心がけています。

上半身の症状・病気

下半身の症状・病気

痛み以外の病気と症状
アクセス


大きな地図で見る
横浜市港南区丸山台1-13-7
ベルセブン4階

お問い合わせ 詳しくはこちら