ホーム > ペインクリニックとは

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは

ペインクリニックは、痛みの原因を診断して、治療するところです。
治療に神経ブロックという専門技術を要する方法を使います。
当院のペインクリニックは、神経ブロックと薬、運動療法で総合的な治療による治癒を目指します。

神経ブロックは、単なる痛み止めの注射と勘違いされている場合があります。
神経ブロックは単なる痛み止めではありません。
注射という方法を使って患部の炎症をしずめ、血流も改善する効果も併せて治癒に近づけていきます。神経ブロックの種類は多く、痛みの原因、場所に応じて適切な神経ブロックを選びます。神経ブロックの方法は、従来のランドマーク法という方法だけでなく、超音波診断装置(エコー)やレントゲン透視装置を使った最新の神経ブロックもあります。
例えば、急性の椎間板ヘルニアなどの腰痛、帯状疱疹の痛みに関しては硬膜外ブロック、神経根ブロックなどで早期に炎症をしずめ、治癒が進んでいくように治療します。
慢性の腰痛、肩こり、頭痛などには、神経ブロックだけでなく、運動療法というリハビリも行うことで体のバランスを改善して根本的な治癒を目指します。

当院は世界基準の痛み治療を行うこと常に目指します。
最新の痛み治療は、少し難しい言葉になりますが、学際的治療と言われております。
簡単に説明するといくつかの専門家が、チームとして一人の患者さんを治療するということです。当院では神経ブロックと運動療法と心理療法、痛み看護の専門家が一つのチームとなり痛みに対処していきます。

治療の方法

原因・症状に応じた適切な治療法を選択します。

薬による治療法
椎間板ヘルニア、関節炎など炎症による痛みには、消炎鎮痛薬を、神経の傷による痛み、神経障害性疼痛には、神経痛の専用薬を使います。神経痛の薬はプレガバリンなどの内服薬の他に、カプサイシン、リドカインの軟膏による治療もあります。
漢方薬による治療も行っています。神経痛、関節痛、不眠、便秘、頭痛、めまい、筋肉のけいれんなど様々な症状に効果があります。風邪の症状にも漢方を処方できますのでお気軽にご相談ください。
他の医療機関からもらっている薬との相性も見て処方しますので、お薬手帳をお持ちください。
神経ブロックによる治療法
神経ブロックは注射ですので注射の苦手な方は遠慮なくおっしゃってください。
なるべく注射をしない方法を考えます。

神経ブロックは、注射により患部に直接炎症をしずめる薬を届ける作用や、血流を改善する効果も期待できるため、痛みの原因をすばやく改善させることができます。
神経ブロックは多くの種類があり、症状に応じて適切な方法を選択します。
当院では超音波エコーを使った方法、レントゲン透視を使った方法、高周波熱凝固、高周波パルスによる神経ブロックを行うことができます。

当院で行う神経ブロック:腰部硬膜外ブロック、胸部硬膜外ブロック、椎間板注射、星状神経節ブロック、腕神経叢ブロック、神経根ブロック、三叉神経ブロック、肋間神経ブロックなど。
リハビリテーションによる治療法
リハビリには、光線を使った物理療法と運動することにより治療する運動療法があります。

運動療法
運動不足や日頃の姿勢などが原因で体のバランスがくずれてしまっている方が最近は増えています。この体のバランスのくずれが、体の色々な場所の筋肉に痛みを引き起こすことがあります。頭、顔面、首、背中、腰、でん部、上肢、下肢、膝、肛門、陰部とどこにでもこのような痛みが出る可能性があります。
実際には、からだのどこのバランスが崩れているかを見極めて個人個人に合った運動を進めていきます。理学療法士の指導を受けながら、運動を覚え自宅でもご自身で毎日運動していただきます。運動療法は毎日のようにクリニックに通う必要はありません。週1.2回や2~3週に一回のリハビリでも効果があります。運動を行う強さは、個人個人の体力に合わせて行いますので、体力の落ちたご高齢の方でも行うことができます。
ボトックスによる治療法
目の周りのけいれん、顔面のけいれん、首が曲がってしますという痙性斜頚、脳卒中の後遺症で起こる手足のツッパリ、わきの下の多汗症に保険適応になっております。

院長からのアドバイス

痛みの治療は、患者様の医療者どちらが欠けても行えません。受診している時間はわずかですが、それ以外の日常を過ごしている時間の過ごし方、気持ちの持ち方一つで痛みの程度も変わってきます。痛みは、体の不調、心の不調、食事、睡眠、運動などの生活習慣と大きくかかわっています。一緒にご自身の痛みの治療について考えていきましょう。

治療の流れと注意事項

初診でも、事前に予約をとってご来院ください。

初診では、まず問診票に記入していただき、医師の問診を行います。
どんな治療を行っていくかという治療計画の説明に続いて、治療法については、患者さまと相談のうえ、決定するのが当院の方針です。
その後、治療をはじめます。

早い場合だと1回の治療で痛みがおさまることもあります。
一方、かなり長期間の治療を実施してはじめて改善する症状もあり、治療期間については症状によってまちまちです。

注射や内服薬が苦手な方はお申し出ください。
別の治療法を考えてご提案します。
逆に、治療法にご希望があるときも医師にご相談ください。

上半身の症状・病気

下半身の症状・病気

痛み以外の病気と症状
アクセス


大きな地図で見る
横浜市港南区丸山台1-13-7
ベルセブン4階

お問い合わせ 詳しくはこちら